持っているカードの総量規制と審査への影響

すでに特定の消費者金融会社のカードローンに申し込みをしてお金を借り入れている場合は、総量規制に則って、申し込みをしたときに申請した年収の金額を三分の一を超えないような限度額が設定されていることになります。
このように、消費者金融会社のカードローンの申し込みには審査の借り入れ限度額を決めるプロセスで総量規制の影響を受けることになります。
そもそも、総量規制は多重債務に苦しむ人が、これ以上出てこないようにするために定められた法律なので、幾つもの消費者金融会社でお金が借り入れが出来ても、その債務を合計した金額は、常に年収の三分の一を超えないように借り入れ限度額が設定されることになります。
例えば年収が三百万円の人の場合は、最初に申し込んだ消費者金融会社の借り入れ限度額が百万円と設定され、借り入れ限度額いっぱいの百万円を借り入れた場合は、別の消費者金融会社からお金を借り入れるために申し込みをしても審査に通らないことになります。
また、借り入れた百万円を毎月返済していき、債務額が五十万円にまで減った場合は、別の消費者金融会社からお金を借り入れる申し込みをしたときに借り入れ限度額が五十万円の設定で審査に通過する余地があります。
この別の消費者金会社に申し込むときに、希望借り入れ金額を八十万円にして申し込んだ場合は審査が通らない可能性がありますので、総量規制のことを考慮して希望借り入れ金額を設定する必要があります。